マイナンバー12桁の秘密に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

住民票をもった国民一人一人に割り当てられるマイナンバー(個人番号)
12桁の数字で構成されるのですが、この下一桁がチェックデジット(いわゆる検査用数字)になっているのはご存知でしょうか?
つまり、左から11桁と公式によって割り出される検査数字1桁を加えた12桁の数字で構成されているんです♪

rabbit_error

マイナンバーチェックデジット

総務省令第八十五号『検査用数字を算出する算式』
第五条 令第八条の総務省令で定める算式は、次に掲げる算式とする。

算式
11―(n=1(シグマ)11(Pn×Qn))を11で除した余り)
ただし、(n=1(シグマ)11(Pn×Qn))を11で除した余り≦1の場合は、0とする。

算式の符号
Pn 個人番号を構成する検査用数字以外の十一桁の番号の最下位の桁を1桁目としたときのn桁目の数字
Qn 1≦n≦6のとき n+1 7≦n≦11のとき n―5

というようになっています。
分かりにくいですねぇ・・・

一応、当サイトでもチェックデジットを使用した番号チェックをしています。
お試しいただく番号の収集は一切していませんので、ご安心して試してください。

マイナンバーのチェックデジットを確かめよう♪

※注意!!

番号チェックと偽ってマイナンバーを収集する悪いサイトがあります!
サイト上ではわかりませんが、番号入力後にボタンやリンクをクリックしたり、ブラウザで戻るや別のサイトに移動するときに番号をサーバーに保存するプログラムが仕組まれているサイトもあります。
むやみやたらに番号を入力するのはやめましょう!
当サイトは、番号収集しないですし、個人情報も取得しません!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存