整理整頓・施錠などでの盗難対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

事業者は、管理区域及び取扱区域における特定個人情報等を取り扱う機器、電子媒体及び書類等の盗難又は紛失等を防止するために、物理的な安全管理措置を講ずる必要があります。

≪ ガイドラインの例示 ≫

特定個人情報等を取り扱う機器、電子媒体又は書類等を、施錠できるキャビネット・書庫等に保管する。特定個人情報ファイルを取り扱う情報システムが機器のみで運用されている場合は、セキュリティワイヤー等により固定すること等が考えられる。

確認する点

情報書類などの持ち出しの管理や整理整頓を行うことが大事です。
散らかしほうだいの机では、紛失したことすらわからなくなってしまいます。

書類保管は施錠キャビネット

書類保管は施錠キャビネット

PCやサーバーにセキュリティーワイヤー

PCやサーバーにセキュリティーワイヤー

机上の整理整頓で紛失防止

机上の整理整頓で紛失防止

≪ 具体的な対応例 ≫

  • 事業者が取り扱う特定個人情報や特定個人情報ファイルを洗い出し、盗難又は紛失等への保護状況を検討する。
  • 特定個人情報等取り扱う機器、電子媒体及び書類を保管するための施錠可能なキャビネット・ 書庫等の設置を検討する。
  • 特定個人情報等の取扱いの留意事項(特定個人情報等を取り扱う機器、媒体等の管理等)を業務マニュアル等に明記する。
  • 特定個人情報管理台帳
  • 「キャビネット・ 書庫等」の鍵などの貸与記録簿
  • 本人確認、特定個人情報取扱マニュアル(特定個人情報等を取り扱う機器、媒体等の管理等)
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存